バレンタインで男子に喜ばれる手作りチョコは?超簡単、初心者にもオススメ!

女子の皆さん。バレンタインに男子にチョコをプレゼントするなら、そりゃあ喜んでもらいたいですよね
ひつ乃は結構、本命チョコも義理チョコもよく渡してきたタイプなんだけど、その経験を踏まえて、私の持論は「男子へのチョコは、シンプルがいちばん」。
この持論にたどり着くまでには、こりにこって時間をかけた独創的なチョコを渡して若干引かれたりとか、逆に、適当にざざっとつくった生チョコがめちゃめちゃ喜ばれて、「ひつ乃のチョコがいちばん美味しかった!」と、男子たちの間で話題になった経験がございます……。男子はなんとも、気が利かない生き物でございますね(;´Д`)

それでは、男子に喜ばれる手作りチョコのおすすめレシピを、ひつ乃の独断と偏見により、紹介します。

まぜまぜ生チョコ
準備物

今回はmeijiの板チョコを使用する場合で書きますが、
トータルの分量(チョコの合計:240g)が同じであればメーカーは何でも構いませんよ♪

2cm×2cm 約50個分

ブラックチョコ 50g×1枚
ミルクチョコ 50g×1枚
ハイミルクチョコ 50g×2枚
ホワイトチョコ 40g×1枚
生クリーム 120cc
ラム酒 大さじ1
森永純ココア 大さじ2

チョコを4種類使っているのがミソ。
カレーつくるときとか、コクを出すために2、3種類のルーを混ぜたりするでしょ?
アレをチョコに応用して作った時に、みんなに「おいしい!」って
褒めてもらったんだ。
バレンタインの時期は、みんなたくさんチョコを食べてるから、少々飽きるでしょ(笑)。
でもそこで、他の人とちょっと味が違う!ってなると、楽しんで食べてもらえるんだ(o^―^o)
でもね、イチゴ味とか、バナナ味とか、抹茶味とかの変化球を混ぜると
すごい不気味な味になるから、気を付けてね(笑)。

つくり方

1.チョコを刻む

刻む前に、チョコを冷蔵庫から出しておいてね。
ちょっと柔らかい方が刻みやすいから(^_-)-☆
それでも硬ければ、包丁を熱湯で温めて、キッチンペーパーでしっかり拭いてからカットしてね。
とっても刻みやすい(^o^)
刻めたら、ボールの中に全種類混ぜて入れちゃってOK!

2.バットにラップを敷く

10cm×17cmぐらいのバットか、タッパーを使ってね。
タッパーの場合は、底が端っこまで平らなものを使用してね!

3.鍋で生クリームを温める

沸騰する直前で火を止めます。

4.鍋にチョコを投入

泡だて器を使ってよく混ぜ混ぜします。
泡立てなくてOK。

5.ラップを敷いたバットに流し込む

表面が平らになるように整えて。

6.冷蔵庫で冷やし固める

4時間ぐらい冷蔵庫で置きましょう~。

7.カット

しっかり固まったのを確認してから、ラップごと取り外すよ。
そして、包丁を熱湯で温めて、キッチンペーパーでよく拭く。
2cm×2cmにまっすぐ切る★

8.バットにココアを敷き詰める

できるだけ、平らになるように入れてね。

9.ココアの上につくった生チョコを並べる

つくった生チョコのうち、まずは半分の数だけバットに並べましょう。

10.茶こしでココアをふりかける

まんべんなく、さらさらっとふりかけます。

11.バットをトントンっと叩く

男ウケの良いチョコレートは、表面の質感が命。
ココアが薄付きで平らになるよう、バットを軽く叩いて、余分なココアを振り落とします。
側面には十分にココアがついていなくて大丈夫。

12.フォークですくって、カップに置く

出来上がった生チョコは、できるだけべたべた触りたくない。
表面が命だから(笑)。
フォークで優しくすくって、生チョコ用の四角いカップにそっと置いて完成★
残りの半分の生チョコも、9番から同じ工程で仕上げてね。

ポイント

今回のレシピの特徴は、

・普通よりも少しぶ厚めで噛んだ時の満足感をだす
・4種類のチョコを使って、味に深みを出す
・表面のなめらかさに気を配る

でした!
あとは、シンプルでシックな箱のラッピングをしてあげて。
ごちゃごちゃ柄がかかれてあるものより、無地で紺色、とかの方が
中身のチョコが高級品に見えます(笑)。
で、できればその箱を小さい紙袋に入れると、なお良し。開封がワクワクするでしょ。
それから、大事な相手には「ハッピーバレンタイン!いつもありがと」みたいな感じで
小さいメッセージカードを添えて渡せばOK!!
できれば一言で。重すぎない程度の文量でよろしく。

超基礎の基礎!でも、男子は厚化粧よりも薄化粧が好きなように、シンプルな見た目で形と質感が良く、美味しいチョコが大好き。
ひつ乃はそう確信してる。
今年はぜひ、シンプルなチョコで反応をみてみて!!